Twitter始めました!気が向いたらフォローお願いします!Twitter

【Corsair K63 Wirelessレビュー】コンパクトで高性能なワイヤレスゲーミングキーボード

今回は私が使っているワイヤレスキーボード「Corsair K63 Wireless」のご紹介です。

今までは「Razerの BlackWidow Chroma V2 JP (黄軸)」 を使っていましたが、作業スペースが小さい机になったので、今はコンパクトなこのキーボードを使っています。

テンキーレスでコンパクトなうえ、ワイヤレスで線がないので、机の上がとてもスッキリします。

私のように机の上をスッキリさせたい方にはおススメです。

目次

Corsair K63 Wirelessについて

ゲーミングキーボードでワイヤレス&テンキーレスってあまり選択肢がないので、この条件で探している人は、一度は候補に挙がっているのではないかと思います。

Corsair K63 Wirelessの特徴
  • ワイヤレス
  • テンキーレス
  • ブルーに発光するLEDバックライト
  • Cherry MX赤軸
  • リストレストが付属

この他にも一般的なゲーミングキーボードに備わている機能は一通り装備しています。

  • マクロ機能
  • 全キーバインド
  • 100%アンチゴースト
  • Nキーロールオーバー
  • Windowsロック機能

Corsair K63 Wirelessの良いところ

小さくて省スペースなんといってもワイヤレス

マクロボタンも数字キーもないので、コンパクトで省スペースです。

あとやっぱりワイヤレスが素晴らしい!

あおいろ

ゲーミングキーボードの線って極太で邪魔ですよね。

私はパソコンでYouTubeを見ながらで、たまに食事もするのでその時はキーボードを机の上の方に移動させます。

コードがないとこの移動がめちゃくちゃ楽!

USBで充電する方式ですが、2週間ぐらいは十分持ちます。

遅延も全く感じません。

音量調整/ミュートボタンが意外と便利

キーボード右上にあるメディアボタンですが、パソコンからのスピーカー音声と連動して音調調整・ミュートが可能です。

私はスピーカーの音量調整がやりにくいのでこのボタンがすごく便利!

ゲームやYouTubeを見ている時に結構使います。

ちなみに反対側の左上に再生/停止/曲スキップボタンがあります。

スコスコとタイピングが気持ちいい

定番のCherry MXの赤軸ですが、変な癖もなく打ちやすいです。

Cherry社の代表的な軸の種類と特徴
  • 赤軸→打鍵音が静かでキーのタッチが軽い
  • 茶軸→赤軸より打鍵音、キーのタッチ感がある
  • 青軸→カチカチとした打鍵音、癖になるタッチ感
Cherry社の代表的な軸の種類と特徴
  • 赤軸→打鍵音が静かでキーのタッチが軽い
  • 茶軸→赤軸より打鍵音、キーのフィードバックがある
  • 青軸→カチカチとした打鍵音、癖になるフィードバック

Corsair K63 Wirelessのいまいちなところ

青色にしか光らない

発光パターンはソフトウェアで色々出来ますが、色は青色にしか光りません。

私は青色好きなので全然気になりませんが、物足りない人は物足りないかも。

ソフトウェアが使いにく

iCUEという独自のソフトウェアですが、Razerやロジクールのソフトウェアと比べればかなり劣ります

マクロの設定やキーバインドがわかりにくいのですよね。

無変換キーが効かない・反応しない時

ソフトウェアの初期ファームウェアはv1.01ですが、このバージョンは2.4Ghzで通信すると「無変換」キーが反応しません。

私も初期不良かと思い、返品しようかと思いましたが、Amazonのレビューに同じことを書いてくださってる方がいて救われました。

最新バージョンにアップデートすれば直ります。

まとめ

色々悪いところも書きましたが、作業スペースが広くなり、デスクの上がスッキリしたので大変満足しています。

あおいろ

ワイヤレス最高!

私のようにデスクが狭いなと思っている方は、ぜひワイヤレスキーボードを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

快適ですよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!(^^)!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる