Twitter始めました!気が向いたらフォローお願いします!Twitter

【ゲームパットからキーマウ移行で苦しんでいる人へ】FPS/TPS初心者におススメのキーバインド

どうも!ゲームパッドからキーボード操作に移行して5年目の@あおいろです。

キーボード&マウスの操作って難しいですよね。

マウスでエイムはやりやすいのですよ。これはすぐ慣れます。

問題はキーボード操作。

「【Shift】で走るとか小指つりそう…」

「【Ctrl】まで指届かねー」

「とっさに【V】(近接)とか【G】(グレネード)が出ねー」

などなど。

あおいろ

私も挫折して、ゲームパッドに戻りそうになりました。

大丈夫です。解決方法は以下の2点です。

  1. まず、ゲーミングマウスを買う
  2. 主要な操作はゲーミングマウスに割り当てる

ゲーミングマウスがないと、キーボードへの移行は挫折します。

ゲーミングパソコンを買ったら、最優先に買うべきはゲーミングマウスです。

重要な操作は、マウスに割り当てることで格段に操作が楽になります。

よく、マウスに何でも割り当てるのは邪道だという方がいますが、そんなことしていたら慣れる前にキーボード操作が嫌になってゲームパッドに戻ってしまいます。

せっかく高いゲーミングPCを買ったのに、ゲームパッドのままじゃもったいない。

それでは、ゲーミングマウスを買った前提で、初心者の方におススメのFPS/TPSキーバインドをご紹介します。

今回はわかりやすくApex Legendsの設定を参考に解説していきます。

目次

FPS/TPS初心者におススメのキー設定

使うキーは【WASD】【E】【Q】【R】【F】に絞る

大前提ですが、キーボード初心者が使うキーは、上の写真の青色赤色で囲んだキーのみです。

その他キーは使わないと言う割り切りが大事です。

青色のキーは、基本的にFPS/TPSのホームポジションなので、すぐに慣れると思います。

赤色のキーは、そのホームポジションから近い非常に使いやすいキーです。

まずは、この範囲のキーのみ使うことに集中して、それ以外のキーは全てマウスに割り当てましょう。

グレネード【G】はマウス

大体のFPS/TPSゲームではグレネードが【G】に初期設定されています。

これは絶対マウスに変更しましょう!

キーボードは移動の操作を【WASD】に割り当てており、人差し指は常に【D】のポジションに置いています。

この人差し指をグレネードを投げたい時に2つ先の【G】までずらすのですが、これが遠い…。

【D】の隣の【F】は慣れれば押せます。でも【G】は無理!

とっさに出ません。指で「どこどこ」と探してしまします。

おススメのマウス割り当ては以下のボタンです。

近接/格闘/殴る【V】もマウス

近接/格闘/殴るボタンは、【V】に割り当てられています。

これも絶対にマウスです。

とっさに【V】なんて絶対無理です。こっちが殴る前に殴り殺されてます。

これはとっさの判断が求められるので、マウスでも一番押しやすいボタンに割り当てましょう。

アクション/拾う【E】は【F】

ゲームで一番よく行う動作、物にアクティベイト(さわる・拾う等)するは、【E】に割り当てられています。

これも出来れば【F】に割り当てて、慣れることをおススメします。

というのも、【E】は【Q】と左右対称関係にあり、他のゲームではこれを特殊技であったり、【リーン】(銃を傾けてののぞき込み)に割り当てられることが多いからです。

なので、押しやすい【E】をアクションに使うのはもったいない。

【F】に変更して慣れましょう。

回復アイテムもマウス

これはゲームによって色々なキーに割り当てられていますが、基本的には押しやすいマウスのどこかに割り当てましょう。

回復アイテムを使う時は緊急性が高く、素早い判断が求められること多いからです。

おススメはこのボタン。ない場合は、どこか押しやすいボタンに割り当てましょう。

マップやインベントリーなどよく使うUIもマウス

マップは【M】、インベントリーは【I】に割り当てられています。

【M】も【I】も遠いですし、とてもよく使うキーなのでマウスのどこかに割り当てましょう。

マウスに割り振ってはいけないもの

走る【Shift】・しゃがむ【Ctrl】は頑張って慣れよう

走る・しゃがむなどのエイムしながら同時にする操作は、マウスに割り当てるのはNGです。

右手が忙しすぎて、肝心のエイムがブレます。

あおいろ

最初は、小指がつりそうになりますよね。

わかります。でも絶対に慣れます。

私は手が極小ですが、慣れました。今では息を吐くように押せます。

ここだけは頑張りどころです。

FPS初心者におススメのマウス

最後におススメのゲーミングマウスをいくつかご紹介します。

ポイントはカスタムできるボタンの数が多いこと。

初心者の方は、最低限のキー以外はマウスに割り振ってしまった方がいいので、なるべくカスタムできるボタンの数が多いゲーミングマウスを選択しましょう。

Logicool G502 HERO LIGHTSPEED(ワイヤレス)

私の一押しのマウスはこれです。上の写真も全てこのマウスです。

押しやすいサイドに3つ、人差し指周辺に2つ、ホイールの左右など、合計11個のボタンがカスタム可能です。

しかもワイヤレスで高速スクロールも可能

ぶっちぎりのおススメ第1位です。

Logicool G502 HERO(有線)

先ほどのマウスの有線版です。

【G502 HERO LIGHTSPEED】とボタンの数は全く同じですので、ワイヤレス版が高いなという方にはこちらがおススメです。

Razer Basilisk Ultimate

こちらもロジクールと双璧をなして人気の、レイザーのゲーミングマウス。

こちらは、合計10個のボタンがカスタム可能です。

人差し指周辺の2つのボタンがないのが、ロジクールとの違いですが、その代わりになんと言っても充電スタンドが付属します。

ワイヤレスマウスは充電のためにコードを繋ぐのが非常にめんどくさいですが、これは使い終わったらスタンドに載せておくだけで充電されます。

しかもロジクールのワイヤレスマウスより安い。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる