Twitter始めました!気が向いたらフォローお願いします!Twitter

G502シリーズの違いも解説!高速スクロールとソフト自動切り替えが便利なゲーミングイヤレスマウス【Logicool G502HERO LIGHTSPEEDレビュー】

どうも!@あおいろです。

みなさん、マウスは何を使ってますか?

私はロジクールのG300Sを長年愛用していたのですが、やっぱり「コードがうざい!」となりワイヤレスマウスが欲しくなりました。

いろいろ検討しましたが、せっかくならゲーミングマウスの最高峰のG502ワイヤレスを使ってみたいと思い購入しました。

YouTubeの瀬戸弘司さんも使っていて話題になりましたよね!

使用して3か月ほど経ちましたので、今回は良かったところ悪かったところ等レビューしていきたいと思います。

あおいろ

結論から言えばこのマウス買いですね!

ゲームやアプリごとにボタンのカスタム設定が自動で切り替わるのと、高速スクロールとがめちゃくちゃ便利

ネットサーフィンやExcel・Wordでの作業、ブログ作成も効率化されました。

ゲーマーだけでなく、在宅ワークで家でのパソコン作業多い人にもおススメしたいです。

目次

G502HERO LIGHTSPEEDの特徴

以下に簡単に特徴をまとめておきます。ゲーミングマウスでは最高峰に位置するだけあって高機能です。

G502HERO LIGHTSPEEDの特徴
  • ゲームごとにカスタマイズ可能な11個のボタン
  • 高速スクロールホイールを搭載
  • フル充電で60時間駆動のワイヤレス
  • 100~16,000DPI設定が可能
  • 約1,680万色のカスタマイズ可能なLED
  • 調整可能な6個のウェイト

16,000DPIなんて使う人いるのかな?って言うぐらい高速でマウスポインタが動きますw

無駄にかっこいいウエイトBOXも付属しています。このほか専用のUSBケーブル等も付属。

G502シリーズの種類・比較

Amazonで【G502】と検索するとバージョン違いや、有線/無線で色々出てくるので、以下の比較表に軽くまとめておきます。

項目G502LIGHTSPEEDG502RGBh(HERO)G502RGB
有線/無線無線有線有線
値段14,900円7,900円7,001円
重さ114g121g168g
DPI100~16,000100~16,000200~12,000
ウエイト調整2g×4個・4g×2個2g×4個・4g×2個3.6g×5個
センサーHERO 16KHERO 16KDelta Zero
POWERPLAY対応対応非対応非対応
2021.2.28日時点のAmazon価格
  • 「G502LIGHTSPEED」を有線にしたのがG502RGBh(HERO)
  • 「G502RGBh(HERO)」の型落ち版「G502RGB」がです。

高速スクロールやLEDカスタムは共通ですが、センサーに違いがありHERO16 Kは従来品より性能約4倍、電源効率約10倍に向上しているそうです。

POWERPLAYとは、無線充電可能なマウスパッドのことです。

マウスを乗せておくだけで充電してくれる優れもの。

G502HERO LIGHTSPEEDの良かったところ

高速スクロールが超便利

高速スクロールとは、ホイールが無制限に回り画面のスクロールが一瞬で出来る機能です。

あおいろ

高速スクロールを知ってしまうと他のマウスは使えない!

長いウェブページを見たり、WordやExcelで作業をしていると、ページを上下に頻繁にスクロースしますよね。

その度にマウスのホイールをクルクル回していくのですが、だんだん人差し指が痛くなってきます。

高速スクロール機能があれば、1回のスクロールでホイールがサァーと回るので、長いスクロールも一瞬です。

これがまじで便利です。

全てのマウスに搭載されればいいのに(>_<)

高速スクロールか通常スクロールかは、ホイール下のボタンを押すだけで切り替えができます。

ゲームごとにカスタマイズ可能な11個のボタン

11個と言っても、左クリックと右クリックはほとんど固定だと思いますので、実質9個。

G HUBと言うソフトを使ってカスタマイズするのですが、直感的に操作できてわかりやすいです。

基本的なWindowsのショートカットはもともと選択できるようになっていますし、マクロを使って自分の住所やメールアドレス等を登録することもできます。

また、このマウスのすごいところが、アプリやゲームごとにボタンをカスタムでき、なおかつゲームが起動すればカスタム設定が自動で切り替わります。

インストールしているゲームは勝手にソフトウエアが認識しているので、あとは各ゲームで使いたいボタンを設定しておくだけ。

例えば、fallout76と言うゲームでは、ゲーム内で使われるコマンド【Quick Msp】【Pip-boy(インベントリ)】【VATS(弱点を狙うスキル)】【Heal(回復薬使用)】等が出てくるので、それを選んでマウスのボタンに割り当てるだけ。

ここに出てこないコマンドもキーに割り当てて任意に設定することもできます。

(ゲーム内の設定で、キー【M】に行動を割り当てておいて、【M】をマウスのボタンに割り当てる。)

ワイヤレスはやっぱり快適

マウスのコードがないって、やっぱりすごく快適です。

ゲーム中に引っかかったり、コードが絡んでマウスが動かしにくいと言うことがなくなりました。

充電もフル充電で60時間なので結構持ちます。

遅延やチャタリングも一切感じたことはありません。

G502HERO LIGHTSPEEDのいまいちだったところ

手が小さい人には使いにくボタンがある

私は手が小さいので、上の写真で言う⑦・⑧のボタンは、人差し指のリーチが足りず、使いにくいです。

⑥番のボタンも、親指のリーチが足りず若干使い辛い…。ちょっと持ち替えないと届かないのですよね。

なので、ほとんどそのボタンにはなにも割り当てていません。

マウスホイールの左右のチルトボタン(⑩・⑪)に使用頻度の高いボタン(私はコピーとペースト)を割り当てると便利ですよ!

高い!別売りの無線充電パットも高い!

今は、Amazon価格で約14,000円と少し下がってきましたが、私が購入した時は16,200円だったので、マウスに16,000円か…と悩みました。

また、完全にワイヤレス化するためには、別売りの無線充電機能付きマウスパッドも欲しいところですが、こいつも約17,000円とお高いです。

合わせて、約31,000円(;´・ω・)。サラリーマンにはきついw

ゲームもパソコン作業もネットサーフィンも超快適

いかがでしたでしょうか?

たまに他のマウスも使ってみたいなと思うのですが、高速スクロールがなかったり、ゲームごとにいちいちボタンを設定しないといけなかったりと、しばらくはG502から離れられなくなりそうです。

マウス購入を迷っている方は一度検討してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!(^^)!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる