管理人が愛用しているPC周辺機器・ゲーミングデバイス(随時更新中!)

【iRing Link2レビュー】大ヒット商品の改良版!スライドさせて取り外し可能なスマホリング

どうも!アオイロです。本日もページを開いていただきありがとうございます!(^^)!

みんさんスマホリングは着けていますか?

スマホって日々大きくなる一方ですがから、片手で操作していると落としてしまいそうで不安ですよね。

私も何回落として画面を割ってしまったことか( ;∀;)

また、知らず知らずのうちに小指に乗せて操作してしまうので、小指が曲がってしまうそうです。恐怖…( ゚Д゚)

そんな悩みを解決するのがスマホの裏側に着けて持ちやすさを改善する、バンカーリング・スマホリングですよね!

今回はリング部分をスライドさせて取り外せるおすすめのスマホリングをご紹介します。

私はずっとスマホリングを着けない派でしたが(ワイヤレス充電が出来ないしかさ張るから)、この商品に出会ってスマホリングなしの生活は考えられなくなりました(>_<)

この記事を読んでほしい人
  • スマホリングの種類がいっぱいあって迷う
  • スマホリングを着けたいけどワイヤレス充電もしたい
  • 安物のスマホリングを買って過去に失敗した

iRing Link2の特徴

旧バージョンのiRing Linkは、スライドさせてリング部分を取り外せると言うことで話題になり大ヒット商品となりました。iRing Link2はiRing Linkの不満点を色々改善させた進化版です。

iRing Link2の特徴
  • スライドさせてリングを取り外しできる
  • ゆえにワイヤレス充電が可能
  • リングが360度回転、180度スイング
  • AAUXX(オークス)社の確かな品質

リング部分の付け方・外し方

ここが最大のiRing Linkからの改良ポイントなのですが、着脱が簡単かつ抜け防止が強化されています。

iRing Linkは少し力を入れてスライドさせて外す方式なのですが、勝手に外れてしまわないかちょっと不安でした。

iRing Link2はリング取り付け部分の下部を押しながらスライドさせないと外れない構造になりました。着けるときも「カチッ」と音がするのでとても安心感があります。

ワイヤレス充電が可能

スマホリングの最大の欠点とは、リング部分が邪魔になってワイヤレス充電ができないことですよね。

でも、iRing Link2はリング部分が取り外せるので、当然ワイヤレス充電が可能です。

私が使っているスタンド式のワイヤレス充電器でもしっかり充電ができます。

夜寝る時にリング部分を外してスタンドで充電し、朝起きたらリングを着けてととても快適です。

リングが360度回転、180度スイング

リングが横方向に360度、縦方向に180度スイングするため、角度の調整が自由自在です。

リングの先が水平になっているので縦置き・横置きどちらもOKなスマホスタンドにもなります。便利(*^-^*)

AAUXX(オークス)社の確かな品質

スマホリングは多種多様なものが売られていて、安いものだと1,000円以下で買えるものもあります。

私も昔1,000円ぐらいのオシャレな形のものを買いましたが、品質に不満で「これ、いる?」となりすぐに外してしまいました。

リング部分がすぐに柔らかくなりスタンドとして機能しなくなるし、粘着力も何回も貼り付け可能と言っている割には、明らかに2回目以降は粘着力が落ちていました。

しかし、AAUXX(オークス)社のリングは品質が全然違います。

まず、リング部分がしっかり固くスタンドとしても安定感がありますが、それでいて滑らかに動きます。また、粘着力も申し分ありません。

値段は3,000円弱と結構お高めですが、毎日使う大事なスマホを守ってくれるものなので、品質が良い物をおすすめします。

iPhone等のガラス素材に貼る場合

少し気を付けたいポイントとしては、iPhone11等の背面がガラス素材になっているものは、粘着力が弱くなることです。

Amazonのレビューでも粘着力に不満をいだいている方がいますが、これはiRing Link2の問題ではなく、バンカーリングをガラス素材に取り付ける際に全体的に言えることだと思います。

主な対策としては、2点あります。

ガラス素材へ貼り付ける対策
  • スマホにカバーを着ける
  • 透明なテープをスマホに貼る

カバーを着ける

一番簡単な解決方法はこれです。

TPU素材やプラスチックのカバーの上からiRing Link2を着ければ解決です。

iPhoneのガラス素材は衝撃に弱く割れやすいですからね…。カバーは着けておいた方が無難です。

テープを貼る

どうしてもケースを着けたくない裸族の方は、透明なテープを貼りその上からiRing Link2を貼る方法もあります。

要はガラス素材でなければいいのですから、貼り付ける面にテープを貼り素材を変えてしまいます。

注意
マスキングテープやセロテープだと粘着力が弱く失敗する可能性が高いです。粘着力が強力な透明梱包用テープがおすすめです。

貼り付けは1回のみ

もう一つの注意点としては、iRing Link2は何回も取り外し可能な商品ではありません。基本は一回だけ貼り付け可能なので、貼る時は慎重に貼りましょう。

また、機種変更やカバーを変えた際は買い替えとなってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私はずっとワイヤレス充電が出来なくなるのとポケットでかさ張るのが嫌で、スマホリングは着けない派でしたが、iRing Link2に出会ってやっぱりスマホリングは便利だなと思うようになりました。

片手で操作した時の安心感が違いますし、スタンドとしても結構便利です。

ワイヤレス充電が出来ないというスマホリング最大の欠点もクリアしています。

スマホリングをご検討の方は、ぜひ一度試してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)