Twitter始めました!気が向いたらフォローお願いします!Twitter

【レビュー】人生で一番いい音!【ゼンハイザー MOMENTUM Wireless 3】【WH-1000XM4】と徹底比較も!

  • URLをコピーしました!

こんにちは。@あおいろです。

私はゲームが好きで、ゲーミングヘッドセットをいくつも持っています。

なので、音楽を聴くとき・AmazonプライムやNetflixで映画を観る時は、ゲーミングヘッドセットで聴いています。

これはこれで十分満足しているのですが、ゲーム用ではなく音質にこだわったヘッドホンで、音楽・映画・ゲームを楽しみたいと思うようになりました。

あおいろ

とにかく音質が良いヘッドホンがほしい!

そしてコードが大嫌いなので、できればワイヤレス。

色々調べてビックカメラで何度も試聴した結果、最終的にゼンハイザーの「MOMENTUM Wireless 3」を購入しました。

愛用しだして2年以上経過しましたので、

2023年の今現在「MOMENTUM Wireless 3」を購入するのはありか

という観点から、いいところ・悪いところなど正直な感想を語りたいと思います。

この記事の内容
  • 「MOMENTUM Wireless 3」のいいところ・いまいちなところ
  • 型落ちの「MOMENTUM Wireless 3」を購入するのはありか
  • SONYの「WH-1000XM4」との比較
Good
  • 音質がいまだに最高峰
  • ノイキャンがちょうど良い
  • マルチポイント対応
  • SBC, AAC, aptX, aptX LL対応
  • 開閉自動ON・OFF機能
  • 外すと音が一時停止
  • 値段が下がってお得感がある
Bad
  • 長時間使用すると頭頂部が痛い
  • 開閉自動ON・OFF機能は諸刃の剣
  • 開閉時に指をはさむ
  • ノイキャンは最新機種には劣る
目次

MOMENTUM Wirelessの良いところ

音質がワイヤレスではいまだに最高峰

「MOMENTUM Wireless 3」の音質は2023年の今現在でも最高峰です。

音にキラッとした艶感があり、音場が広く、まるでコンサートホールの一番良い席で聴いているような包み込まれる音質です。

特に脳と胸に響く低音が唯一無二です。

ビートが効いた曲を聞くとズンッズンッっと頭に響きますし、Netflixやアマプラも臨場感抜群の大迫力で楽しめます。

あおいろ

今際の国のアリスSeason2は大迫力で震えました。

また、最新機種の「MOMENTUM Wireless 4」とも聴き比べた感想ですが、

  • 低音の厚みやボリューム感、空間の広さはMT3
  • 中音や高音の解像感、音の美しさはMT4

といった感じです。

「MOMENTUM Wireless 4」が完全上位互換というわけでもなく、どちらも音質は最高峰なので、あとは好みだなと言うのが正直な感想です。

実際、「MOMENTUM Wireless 4」を買った友人は「MOMENTUM Wireless 3」も引き続き愛用しています。

あと、意外にもゲームとの相性が良いです。

私は高級なゲーミングヘッドセットを色々使ってきましたが、「MOMENTUM Wireless 3」を買ってからは、ゲームもこれでやってます。

音響にこだわっているスパイダーマンやエルデンリングは、臨場感抜群でゲームの世界に入り込めます。

ただ、シビアな定位と音の遅延が許されないFPSゲームには向いていないと思います。

ノイズキャンセリングがちょうど良い

耳にかけた瞬間、「ふわっ」と周りの雑音が消えます。

これが何ともちょうど良く、耳が詰まる感覚のない快適なノイズキャンセリングです。

「MOMENTUM Wireless 3」は音質を最大限に生かすため、雑音を徹底的に消すのではなく、あえて抑えめに設計しています。

このあたりの配慮は、音質にこだわったSennheiserらしい設計です。

ただ、最新機種の「MOMENTUM Wireless 4」やSONYには劣りますので、外で使用する人には物足りないと思います。

マルチポイント対応

3年前の機種なのに、マルチポイントにちゃんと対応しています。

スマホとパソコンなど2台を同時に接続しておいて、スマホのSpotifyやiTunesで音楽を流している状態で、パソコンのYouTubeを再生するとパソコン側の音声に切り替わります。

ただし、一度曲を停止してから音声を切り替える必要があり、また同時に流すこともできません。

マルチポイントに慣れてしまうと、他の機種は使えなくなるくらい便利ですよね。

自動ON・OFF、曲停止が便利

ヘッドホンを折りたたむと自動で電源OFF、広げると自動で電源ONになります。

また、ヘッドホンを外すと自動で音楽や動画が停止し、着けるとまた再生します。

いちいち電源ボタンを長押ししなくていいので、慣れるとめちゃくちゃ便利です。

ただ、諸刃の剣な面も…。後述します。

MOMENTUM Wirelessのいまいちなところ

長時間使用すると頭頂部が痛い

着け心地は悪くないのですが、3〜4時間が限界かなと感じます。

ノイキャンヘッドホンなので開放型と比べると側圧(耳を挟む圧)は若干強めです。

ただ、イヤーパットは羊の皮を使っていてモッチモチですので、耳が痛いということはありません。

私はメガネをしていますが大丈夫でした。

重量も304gとこれだけの音を出すヘッドホンにしては大健闘しています。

私が普段しているゲーミングヘッドセットは400gを超えているものもありますからw

ただ、頭頂部のヘッドパッドが若干薄いので、長時間使用すると痛くなります。

この点「MOMENTUM Wireless 4」は大幅に着け心地が改善されています。

長時間の使用を想定していて、着け心地を最優先する方は、「MOMENTUM Wireless 4」をオススメします。

開閉自動ON・OFF機能は諸刃の剣

先ほど良いところの述べた開閉自動ON・OFF機能ですが、厄介な場面もあります。

まずヘッドホンを開くと自動で電源が入ってしまうので、迂闊に広げられない。

つまり、吊り下げられない。

そっと畳んで置いておくしかないので、デスクの上で「邪魔だなー」と感じてしまうときもあります。

一応以下の方法で、手動で電源オフに出来ます。

  •  ヘッドホンを折り畳んだ状態から、3ボタンの真ん中(点字部分)を押しながらヘッドホンを開く
  • ヘッドホンを開いた状態で3ボタンの真ん中(点字部分)を5秒以上長押しする

あと開閉する際に、指を挟んでしまう危険があります。

開閉部分はかなり鋭利になっているので、くれぐれもお気をつけください。

あおいろ

一度挟んでしまいめちゃくちゃ痛かった…

SONY WH-1000XM4との比較

この記事にたどり着いていただいた方は「MOMENTUM Wireless 3」とSONYの「WH-1000XM4」、どちらにしようか迷っているのではないでしょうか。

この値段帯で音質が良くてワイヤレスでノイキャンで、と絞っていくと大体この2つが最終候補になってくると思います。

あおいろ

私もめちゃくちゃ悩みました。

私が最終的に「MOMENTUM Wireless 3」に決めた理由は音質です。

とにかく最高の音質で音楽・映画・ゲームを楽しみたかったからです。

いつものビックカメラで何回も比較しましたが、どちらも良いヘッドホンです。

音質
MT3
XM4
装着感
MT3
XM4
操作性
MT3
XM4
ノイズキャンセリング
MT3
XM4
外音取り込み
MT3
XM4
価格
MT3
XM4

音質比較

音質は1番好みが分かれるところですが、私は圧倒的に「MOMENTUM Wireless 3」だと思います。

先ほども言いましたが、特に脳と胸に響く低音が唯一無二です。

ズンッズンッと響く低音が音楽・映画・ゲームをしていても臨場感抜群です。

あおいろ

聴いていて楽しいヘッドホンです。

「WH-1000XM4」はフラットで聴きやすい音質です。

何時間聴いていても聴き疲れしない、基本に忠実・優等生な印象ですが、「音の楽しさ・美しさ」といった面では、劣っていると感じます。

装着感比較

圧倒的に「WH-1000XM4」です。

わずか254gで非常に軽量。側圧も弱く、人によっては一日中着けていられそうな軽い装着感です。

「MOMENTUM Wireless 3」もイヤーパッドはモッチモチで悪くないのですが、いかんせん頭頂部のヘッドパッドが薄い。

3〜4時間が限界です。

少しでも締め付けられる感じが嫌な方や、長時間ヘッドホンをして作業する方は、軽さが重要ですので「WH-1000XM4」がおススメです。

操作性比較

ここも好みが分かれるところですが、「WH-1000XM4」は、

音楽の曲送り/戻し・再生/一時停止・音量調節・電話の受話/終話がタッチ操作です。

外音取り込みもタッチするだけで一発で起動できます。

ただ、電源ON・OFFが2秒の長押し。これが致命的にめんどくさい。

一方「MOMENTUM Wireless 3」はヘッドホンの開閉だけで電源ON・OFFが可能。

慣れるとめっちゃ便利ですが、

  • ヘッドホンを吊り下げられない
  • 開閉する際に指をはさむ危険性がある

ので諸刃の剣です。

そして、全ての操作が物理ボタンです。

慣れないうちはどのボタンだっけ?と混乱するかもしれません。

どちらも一長一短で難しいところですよねw

ノイキャン・外音取り込み比較

ノイキャンについては、どちらが優れていると言う訳ではなく、目指している方向性が違います。

まあでも、単純に機能性で言えば「WH-1000XM4」ですかね。

「WH-1000XM4」は徹底的に雑音を消してくれます。まさに「無音!」という感じ。

カフェや雑音が多い場所で作業する方はこちらが良いと思います。

「MOMENTUM Wireless 3」はあくまで音質を生かすためノイキャンです。

フワッと雑音を消す感じ。

価格

「MOMENTUM Wireless 3」は32,000円、「WH-1000XM4」は38,000円です(Amazonで2023/1/7現在)。

いつの間にか「WH-1000XM4」が逆転しています。

「MOMENTUM Wireless 3」は発売当初約5万円でしたので、だいぶお得感が強いですね。

あおいろ

定価で買った身としては悲しい…

総合評価

総合評価としては、音質を重視するなら「MOMENTUM Wireless 3」。

ノイキャンの強さ・軽い装着感・利便性を重視するなら「WH-1000XM4」です。

あおいろ

家で使うのがメインなら「MOMENTUM Wireless 3」
外に持ち運んで使うのがメインなら「WH-1000XM4」

値段が下がって今が買い時!

いかがでしたでしょうか?

「MOMENTUM Wireless 3」の最大の特徴はやはり音質だと思います。

有線でもこれほどの音を出してくれるヘッドホンは中々なので、それがワイヤレスで楽しめる唯一無二ヘッドホンです。

今まで高級なゲーミングヘッドセットをいくつも使ってきましたが、いまいち音質に満足できなかったのですよね。

「MOMENTUM Wireless 3」は生涯で初めて、

「あーヘッドホンでこれだけ音って変わるんだ」

「音が良いヘッドホンってこんなに楽しいんだ」と感じさせてくれました。

2023年現在でも音質は最高峰のワイヤレスヘッドホンです。

しかも、値段が下がって非常にお得感が強くなっています。

迷っている方はぜひ店頭で試してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!(^^)!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次